VアップシェイパーEMS かゆい

MENU

VアップシャイパーEMSはかゆい!?かゆくなるのは本当?

あなたはダイエット用品を使用している際に、かゆいと感じたことはありますか?

 

ダイエット用品に限らず洋服の素材が肌に合わない場合や、化粧品の成分が合わずにかゆい思いをしたことがあるという方もいることでしょう。

 

肌が弱い方は、あらかじめ警戒していると思うのでかゆくなりそうなものは自ら避けることが多いと思います。

 

しかし特別肌が弱いわけではないのに、いきなりかゆみが出てしまった場合は焦ってしまうことが多いのではないでしょうか。

 

なぜかゆいと感じるのかは、素材や成分が肌に合っていないことが大きな原因となることが多いと思いますが、VアップシェイパーEMSにもかゆいという噂があります。

 

はたしてVアップシェイパーEMSがかゆいという噂は本当なのでしょうか。

 

VアップシェイパーEMSの愛用者の声を元にかゆいという噂をチェックしていきましょう。

 

VアップシェイパーEMSはかゆい?

ではまずVアップシェイパーEMSを愛用している方の中に、かゆいという声があるのかをチェックしていきましょう。

 

VアップシェイパーEMSは10分間で36000回の伸縮運動を自動で行うため、筋トレや運動が苦手という方にも手軽に使用してもらえるものになっています。

 

密着力も高く、コードなども必要ないので、場所をとらず気になったときに使用することができるのが特徴です。

 

インナー感覚で使用することができるので、ずれも防ぎ、正しい姿勢や正しい位置をキープすることができます。

 

またEMS機器を取り外してVアップシェイパーとして使用することもできちゃう優れものです。

 

しかし肌に密着させることから、かゆいと感じてしまう方もいるのかもしれません。

 

◎使用後にお腹を拭かないとかゆみがでるみたい
◎皮膚がこすれて炎症が起きてしまった
◎汗をかく時期は特に気を付けた方が良さそう
◎肌が弱い人はクリームをつけないとかぶれる
◎長時間使うと肌荒れしてしまう
◎専用ジェルを塗っても赤くなるため、肌が弱い人は注意
◎電気の部分が赤く水ぶくれのようになってしまった
◎おへその周りが赤くかぶれてかゆい

 

実際にVアップシェイパーEMSを愛用している方の中で、かゆいと感じている方はいるようです。

 

またかゆいわけではなくても、「肌荒れする」「赤くなる」「炎症がおきた」という口コミが目立ちました。

 

いずれも肌の弱い人には向いていないかも…と添えられていることが多く、体質によってはかゆいという症状や炎症が起きてしまうことがあるようです。

 

またEMSなしの、Vアップシェイパーの口コミにも同様のものがありました。

 

◎肌がとてもかゆくなり大変だった
◎繊維のせいか、かぶれてしまった
◎皮膚が真っ赤になり痛くなってしまった

 

このように、VアップシェイパーEMSでも、Vアップシェイパーでも肌に合わない人には影響がでる可能性がありそうです。

 

VアップシェイパーEMSの素材、使い方

VアップシェイパーEMSを使用していて、かゆみが出たり炎症が起きるという口コミもありましたが、ではどのような使い方をするのか、どんな素材で作られているのかも知っておきましょう。

 

ポイント1:使い方
VアップシェイパーEMSは、VアップEMSマグジェルを500円玉サイズ手に取って、お腹にむらなく塗っていきます。

 

その後、Vアップシェイパーを素肌に直接触れるように着用します。

 

最後にEMSコントローラーを生地のボタンに取り付けて完成です。

 

ジェルを塗って、着用して、器機を取り付けるだけで簡単に使用することができます。

 

ポイント2:素材
VアップシェイパーEMSはナイロン85%、ポリウレタン15%を身生地として使用しています。

 

テープの部分はナイロン95%、ポリウレタン5%。

 

EMS器はABS樹脂、ポリカーボネートという素材を使用しています。

 

EMS器は生地のボタンに取り付けて使うものなので、直接肌に触れるものではありません。

 

注意すべきはポリウレタン、ナイロンですね。

 

汗をかいた状態と乾燥した状態とでは、かぶれやすさというのも変化すると思うのでかゆいと感じたら一度使用を中止するのが良いでしょう。

 

VアップシェイパーEMSはかゆい!?かゆくなるのは本当?:まとめ

VアップシェイパーEMSの愛用者の口コミを見てみると、かゆいという症状や炎症が起きたというものは確かに存在しています。

 

またEMSなしの、Vアップシェイパーの時もかゆいと感じる方がいることから、ジェルが原因というよりも本体の素材が肌に合わない可能性の方が高いように感じます。

 

直接素肌に密着させるものなので、肌が弱いという自覚がある方は注意した方が良いでしょう。