加圧シャツ レディース ランキング

MENU

レディースの加圧シャツをランキング形式でご紹介!

見えないところで努力するというのは非常に女子力が高いように感じませんか?

 

これ見よがしに人前で「私はこんな努力をしている」と言い張る人よりも印象は良いですよね。

 

そもそもダイエットは努力しているところを人に見せびらかすものでもありませんし、ひっそりと行いたいという方も多いと思います。

 

そんな方におすすめなのがレディースの加圧シャツです。

 

今回はそんなレディースの加圧シャツをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

 

今現在どんなレディースの加圧シャツが人気なのかをチェックしてみてくださいね。

 

レディースの加圧シャツランキング

では早速レディースの加圧シャツランキングを見ていきましょう。

 

ランキング1位:美ボディシェイプトップ 7538円(税込)
フジテレビノンストップで放映されている“いいものプレミアム”にて紹介されたこちらの美ボディシェイプトップ。

 

この加圧シャツの魅力はサイズ展開や色展開が豊富という部分にもあります。

 

色はブラック、ライトベージュから選ぶことができ、サイズはS、M、L、LL、3Lから選ぶことができます。

 

自分の体型に合ったサイズを選ぶことができるというのは人気の秘訣であり、幅広い年代に購入してもらえるという点にも繋がりますよね。

 

美ボディシェイプトップはカップ付きなので、これ1枚で過ごすことができます。

 

ワイヤーやゴムを使用せずに着心地良さはそのままに、着ているだけでしっかりと骨盤が立つ作りになっているので、着続けることでスリムボディを目指すことができます。

 

お腹周りだけではなく背中にも着圧を加えることで、見た目にもスッキリとし着痩せすることもできますし、着続けることで実際にスリムボディを目指せることができるのです。

 

ランキング2位:Q-lein着圧Tシャツ 1296円(税込)
Tシャツタイプの加圧シャツのため、普段着やスポーツ時に着用しやすいのが魅力的です。

 

ダイエット目的はもちろんのこと、腰痛や下半身の冷えをサポートしてくれる効果があります。

 

下半身の冷えは女性に多く、血流が悪くなることで起こるとも言われていますね。

 

Q-lein着圧Tシャツは姿勢を正すことで血流を改善し、冷え性も改善する効果があります。

 

身体をポカポカとあたたかくし、冷えをサポートすること手頃な価格ということも人気の秘訣です。

 

お腹周り、背中、二の腕といった気になる部分に適度な着圧を加える設計となっているので、見た目にも身体が引き締まったように見え、引き締め感が程よい緊張感を与えるためダイエットにも繋がります。

 

ダイエットが続かないという方や、腰痛、冷え性といった悩みのある方におすすめです。

 

ランキング3位:クリエイティブスタイル 加圧インナー 2100円(税込)
クリエイティブスタイルの商品は、運動によるカロリーダウンをサポートすることを目的とした加圧シャツです。

 

シャツにテーピング編みを施し、筋肉の動きをサポートします。

 

どの部分にどれだけの加圧をかけているのかという説明もあり、運動時にバストをソフトにサポートする設計や肩甲骨に交差したテーピング編みで腕ふりをサポートしてくれます。

 

ジムやヨガ、ウィーキング時に着用することを目的としているので、伸縮性に優れ着心地が良いのが特徴的です。

 

胸部、肩甲骨、肩、脇腹に着圧をかけて、上半身を引き締めていきます。

 

こちらのサイズ展開はM-L、L-LL展開となっています。

 

運動をすることが多い方におすすめです。

 

加圧シャツの魅力

加圧シャツの魅力は、着ていることが人にばれにくいということにもありますね。

 

仕事着のインナーとして着用したり、ジムのお供として使用したりと、多くのレディースの加圧シャツが黒色を含んでいるので、普通のシャツと何ら変わりなく着ることができます。

 

着ながら姿勢を正してくれることや、それによってダイエット効果が見込めるといった点も非常に魅力的!

 

加圧することに抵抗を感じない方に、レディースの加圧シャツはオススメと言えるでしょう。

 

レディースの加圧シャツをランキング形式でご紹介!:まとめ

レディースの加圧シャツをランキング形式でご紹介してきました。

 

加圧に慣れていない方が着用すると、はじめは苦しいと感じることがほとんどだと思います。

 

加圧シャツは無理をせずに着用することが大前提としてあり、程良い加圧で着ていて心地が良いと思えるものを選んで身体を慣らしていくのが良いでしょう。

 

価格面、効果、着心地など自分が何を重視するかによって、どれを選ぶか決めてみてくださいね。